ホットギミックの2巻を読んだ感想です。~動き出した恋のギミック〜

亮輝の奴隷継続中の初

気持ちを伝えれない自分、梓を想う気持ちから一大決心!
今度こそ何を言われてもやめる!
奴隷なんかやだって言う!
そしてちゃんと梓の誤解を解く!

ところが家を出た時に梓父バッタリ。
梓のバイト先に忘れ物を持って行って欲しいと頼まれてしまう。

今度会うのはドレイをなしにしてからと決めているのに・・・
断れない初。

ホットギミック 2巻 ネタバレ。いきなり話が動きすぎ

バイト先の事務所でファンと間違えられて梓の知り合いだと伝えても信じてもらえない
あなた、知り合いって梓のナニ?どんな関係?

彼女ってことで一応。ココで梓登場!
突然、梓に「彼女」だと宣言される

その場を静めるために彼女だと言った事を謝る梓に
亮輝に弱みをにぎられていいなりになっている事を告白する

幼馴染から恋人へ。初の想いは届いたけれど・・・。

好きだと伝えてないけど梓と付き合いはじめ、有頂天の初
翌朝、初が梓の彼女になった事を知る亮輝。

自分のドレイが横取りされたことにイライラモードの亮輝
イライラしたまま下校途中に初とバッタリ

そのまま無理矢理帰る事になってその途中
初から秘密でもなんでもバラせばいい。もう奴隷は終わり!と切りだされ
さらにイライラ

梓に気持ちが奪わて初の事が大嫌いだと思う気持ち
その感情が焼きもちだと気付かない亮輝。

場面は変わってモデルの仕事中
大きいスポンサーの仕事に内定した事を伝えられる梓

大はしゃぎの事務所社長にサラ~と
オレ、やんね~よ。金ためる必要なくなったんだ。モデルは終わり
仕込み段階は終わったから・・・。

事務所の社長は聞かされていた梓の「復習計画」が進行中だった。
そんな中何も知らない初に二人だけのホットラインの為に携帯をプレゼント

動き始めた復讐のギミック。初のしらないところで

もう幸せ絶頂の初。他の人の声なんて耳に入らない有頂天っぷり。
夜デートに誘われてなんの疑いももたずに待ち合わせ場所へ向かう。

実はコレも復讐劇のはじまりだった。
一服盛られた飲み物を進められてすかっかりほろ酔い気分の初

危うく連れだされようとするところに兄の凌登場!バイト先のバーだった。
初はタクシーで自宅へ帰ってくるけど、家の鍵をなくして締め出し状態に

父親に朝帰りがバレてしまって雷を落とされる最中に
自宅のインターホンがなる。初を呼び出したのは自分だと自ら告白。

そんな事より、梓が団地に戻ってきた事に驚く父。
こっちに戻ってたのか・・・。久しぶりです母さんの葬式依頼だ

インターホンを切った父親は、問答無用で梓とかかわる事をやめるように初に伝える
何が何だか分からない初は戸惑いを隠す事が出来ない。

初の家から帰ろうとする梓。兄の凌と出会う。
昨日の出来事について話してる途中衝撃の事実を梓が伝える

・・・仲がいいねぇ相変わらず。昔からずっとそうだったよね。
本当の兄弟でもないのに・・・。

一方、初に対し「奴隷」ではない
特別な感情を抱き始めた亮輝は・・・。

ホットギミック2巻を読み終わって

相変わらずの初に対して何も知らないところで
ストーリーが進み過ぎですw

梓の両親の離婚理由は初の父親と梓の母親の不倫が原因?
兄の凌が実の兄じゃない?

でも相変わらずの初
いや~実にイライラしますw

だんだん亮輝がいい人に見えてきました。ちょっと惹かれてきてるかも。

3巻までは無料で読めるので読んでみようと思いますけど
展開次第では・・・。

夢に初が出てきて、もっとしっかり言いたい事は言わないと!
って怒ってる私が出てきたりw

なんだか話がまとまらないけど、今回はこの辺でw

ありがとうございました~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください