マンガ ひよ恋 試し読みしてみた感想です♪

マンガひよ恋の1巻を試し読みしてみました~
アニメ化にもなった人気少女コミックなのでタイトルだけは知ってたんですけど

りぼんって事で子供っぽいのかなぁと思って読んでなかったんですよね
でもね、ちょうど無料キャンペーン中で1巻まるまる読める期間だったので
すかさずダウンロード☆

コミックシーモア

ひよ恋は雪丸先生の初の単行本

読み始める前に雪丸先生のお礼メッセージに書いてますが初の単行本化。

雪丸もえ先生の絵は好きでも無く嫌いでもなくって感じで
表紙買いするほどではないって言うのが第一印象。

ページを進めていきますねw

人見知りで超マイナス思考それを通り越して「超天然」のひよりちゃんと
社交的で超プラス思考そして「やや天然」の結心くん

ひよ恋1巻のあらすじ

超人見知りでマイナス思考のひよりん
入学式前日に事故に会うというミラクルを起こして
みんなより8カ月遅れの登校からはじまる

まるで転校してきたような初登校日
心の助けはクラスメイトで幼馴染の律花。

自己紹介をしようとしたときに・・・・
遅刻してきた結心の存在を知ることに

結心の失礼?な態度と自分とは正反対の姿に
失礼な人っていうのが第一印象だったけど

社交的な態度・行動・結心論に人との壁を
作っていたのは自分だと気付かされる

始めは結心と友達になる事で人見知りを克服しようと
してたけど、心惹かれていく存在になっていく結心

気持ちが募っていく日々に最大のイベントが迫る
クラス全員でクリスマスパーティーが開催されることに!

好きな人と過ごせるクリスマスパーティーに心躍るひよりんだったけど
それにはサプライズが用意されていた。それは

ひよりんの歓迎会だった。
目立たず、人にかかわらず学校生活を送ろうとしていたけど

結心のおかげで、クラスの全員から歓迎される存在になったひよりんは
うれしさのあまり泣いてしまいます。

そして「自分の世界を変えたい。だから勇気をください」とサンタへお願い

クリスマス会も終わりに近づいた時結心の携帯に着信
幼馴染の富永妃からの電話だった。

その後結心は戻ってこなかった・・・。

2人の関係に不安を感じるひよりんだけど
結心は「妃は彼女じゃない」と一点張り

3学期が始まったばかりの雨の日
結心が拾ってきた子猫が気になったひよりんが家に連れて帰ろうとする

そこで結心と妃が一つ傘の下にいるところを見てしまう
そのときひよりんは

仲良くなるのは簡単なんだ、でもその先にいくには・・・。どうすれば
結心との距離に焦りと悩みを感じる。

ひよ恋の主人公西山ひよりにイライラ

ひよりんにちょっとイライラw
あぁ~~!もおおお!ってなるくらいイジイジする娘なんです

それにくらべて結心くんはいい感じ♪
私の性格は結心くんタイプかなw

1巻での最大のイベント、クリスマスの話で
ひよりんがコスプレしたサンタクロース。

これには萌えました。ひよりん、あざといぞ!

ギャグコメディー要素の強い学園ラブストーリーで
2人を中心に進んでいくストーリーは飽きなく、気がつけば巻末でした

ひよ恋1巻の名言

イジイジモードに入って教室を飛び出したひよりんを
結心くんが呼び戻しに行った時のセリフ。

「怖いって思うのは」
「知らないから怖い」か「知ってるから怖い」のどっちかだ
「知らないなら知ればいいだけ」

行動する前からあれこれ考えて尻込みしてるくらいな
まず行動してみるといいって事ですよね。

これって現実社会で自分にあてはめてみると考えさせられる事があったりします。

それにしても続きが気になるw
と言うわけで2巻購読したので続きは後日レビューしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください